データレスキューセンターの優れた技術|パソコンとネットの活用

法人向けのサービス

システム

データ復旧のサービスと耳にすると個人向けだと考えている企業も数多く存在しますが、現在では法人向けのデータ復旧サービスも存在するのです。会社のパソコンに不具合が出た場合は積極的に活用していきましょう。

View Detail

ネット上にデータを保存

ウーマン

多くの企業内部ではパソコンで作成した仕事データをバックアップするために、サーバーパソコンを用意することがあります。ですが、クラウドのサービスを活用することで更に業務を効率化できるのです。

View Detail

安心できる送信方法

メンズ

100メガバイトを超えるファイルを社外のクライアントや取り引き先に対して送信するというビジネスケースは数多く存在します。そのような場合は無料でも利用できるオンラインストレージを活用するのが最適です。

View Detail

手厚いサポート体制

ハードディスクと人形

業務でパソコンを長期間使用し続けていると電源が急に入らなくなったり、不具合を引き起こしてしまったりすることが多々あります。会社で使用されるパソコン内部は様々なパーツが組み込まれており、長期間の業務使用によってこのパーツが段々と劣化していき不具合が発生するのです。IT業界やweb業界の企業であれば社内にパソコンの不具合を解決できるスタッフが居る場合も多いですが、それ以外の業種の場合は外部のパソコン修理業者やデータ復旧サービスを活用しておいた方が無難だといえるでしょう。このような業者は数多くの企業から依頼を受けて修理や復旧作業を対応しているので、実績も多く信頼性も高いのです。業者の数は現在、非常に多くなっていますがその中でも高い人気を集めているのがデータレスキューセンターという会社なのです。

データレスキューセンターではパソコン内部のハードディスクだけではなく、複数のハードディスクを結合させて使用するRAIDやコンパクトな記録カードやフラッシュメモリーなどの媒体でもデータ復旧ができるようになっています。企業がデータレスキューセンターを利用する場合はまず、依頼を申し込む専用の書式を公式webサイトからダウンロードしていきます。申し込みを行なった後はデータ復旧を行なう媒体を持ち込み、もしくは郵送でデータレスキューセンターに送るのです。データレスキューセンターはハードディスクの取り外しを無料で行っているので、社内での手間も軽減させることができます。また、データ復旧を実施する前に、取り出せるデータをファイルリストという形で事前に確認することができるので、必要なデータだけを復旧させることも可能となっているのです。